×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME タイトル
最新情報
奴奈川JCって何
委員会情報
活動報告
奴奈川青年会議所38年の歴史
2005年スケジュール
基本資料
奴奈川伝言板
リンク
お問い合わせ
2005年スローガン
活動報告
- 1月 - 2月 - 3月 - 4月 - 5月 - 6月 - 7月 - 8月 - 9月 - 10月 - 11月 - 12月 -
 パソコン理事会 第2回理事会
 1/24(月) 第2回理事会 商工会議所 19:00〜

 京都会議

 1/22(土)〜23(日)に倉又理事長、永野専務、岡沢副理事長、龍見副理事長、水沢委員長、野本副議長、新保副委員長、木島出向理事(先乗り)、と私、藤巻の総勢9名で京都会議へ行って参りました。私にとって初めての京都会議でしたが、本当に色々?な意味で大変勉強になりました。

 京都国際会館で満員の中、生の高竹会頭の所信演説の感動は忘れられません。(日本JC会頭所信全文)国際会館で上越JC、新井JCのメンバーと出会ったり、先斗町で塩尻JC理事長、長野ブロ長にバッタリ出会ったり、帰りの電車では十日町JCと一緒だったりという偶然の出会いも多々有りました。

 また、LOMナイトでは、乾杯後すぐに額にオシボリをのせてダウン(朝の大量のアルコールのせいか、午後に食べた抹茶チーズケーキのせいか、事務局長という立場の重圧?か、ホテルでの・・・・せいか)するという失態をさらしてしまい、本当に出席された理事長をはじめとするメンバーの皆様には御心配をお掛けいたしました。(ちなみに2次会から復活しました)

 まだまだ報告したいことが絶えませんが、とにかく、まだ京都会議に行ったことのない方はぜひ一度行ってみると良いですよ! 何か得るものが必ずあると思います。

 最後に、出席された皆様へ、本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

事務局長 藤巻 道隆

 新年賀詞交換会

 ラストイヤーという事で、倉又理事長にご無理申し上げやらせて頂いていますJAYCEE実践会議。メンバー個人のスキルアップ(オリエンテーション)を基本方針の一つに掲げ「聞く・知る」といった研修だけでなく、「事業を通じた実体験から様々な事を感じ取って頂きたい」との想いから、今回『新年祝賀会』を総数11名(実動8名)にて担当させていただきました。今年度最初の事業という事もあり私自身久し振りに大きな重圧感を感じ、野本副議長と顔を合わせれば「新年会の話」みたいな日々が当日まで続きました。

 今回事業計画を立てるにあたり、「当LOMの今年度活動方針を広く伝える」すなわち「倉又理事長の力強い所信表明の場としたい」、二つ目は「これまでの歴史を鑑み、より多くのシニアメンバーと交流を図る」と大きく二つの目的を掲げ計画させていただきました。ある意味『新旧の融合』のなか演出上新しい試みも行い自己評価として多少の“やりすぎ感”はあったと思いますが、106名という非常に多くの参加登録を頂き、また寄せられた感想をお聞きする中で概ね好評を頂き目的は達成されたものと思っています。

 また会議体の目的でもある『メンバー自身のスキルアップ』についても、大半のメンバーが自身の委員会活動を行いながら当会議出向という中、年末年始の本当に忙しい時期にも関わらず、積極的に参加・参画いただき活発に討議・行動いただけたことで何かしらの気付きがあったものと思っています。今回身についた“自信”をぜひ今後のJC活動に、また地域づくり・企業活動に生かして頂ければと老婆心ながら深く感じます。

 最後に、当日お手伝いいただいた総務委員会はじめ事務局メンバー、多くのご足労頂いた執行部の皆様、また本当に多数のご登録を頂き積極的にホスト役に徹して頂いたメンバーの皆様、そして何より積極的に参画いただいた会議メンバーに感謝申し上げます。

 まだまだ一年始まったばかりです。この先もいくつかの事業を進めてまいりますので今後も変わらぬご支援・ご協力をお願いする、と同時に温かい目で見守って頂きますようお願い致します。

JAYCEE実践会議 議長 広瀬正樹

JAYCEE実践会議メンバーからの報告

奴奈川青年会議所サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます
(C)2005 Nunagawa Junior Chamber. All rights reserved.